本文へスキップ

【漢方堂鍼灸院 / 明大前介護サポートセンター】京王線・井の頭線[明大前]より徒歩2分

【お問い合わせ・お電話にて要予約】TEL.03-3328-8917

9:00〜19:00 (休診日: 日/祝日)

鍼灸治療の流れFlow of accupuncture Treatment

問診:カウンセリング

施設写真

患者様の主訴お体の状態、過去の病歴治療の目的(症状緩和・妊娠・風邪の予防)などを詳しくお伺いします。




切診(脈診・腹診):陰陽、虚実の把握

施設写真

診察では、お腹(腹診)脈(脈診)をじっくり診て、体(経絡・経筋)の歪みを把握していきます。


施術1 - 本治法(根本療法):手足の要穴(ツボ)に刺鍼

機器写真

証に従い全身状態を把握しながら四肢末梢、手足の経穴(ツボ)を東洋医学の法則を用いて選穴し、五臓の虚実に対してその経絡を補瀉して、全身の気・血・水の流れを調整します。

最初に仰向の状態で施術していきます。

自然鍼灸メカニズム治療(M4,M5,M6)による自律神経機能の調整も行っております。


施術1 - 本治法:お腹のツボに刺鍼

機器写真

内臓に冷えが及ばないように、お腹のツボに刺鍼または温かいお灸をします。

消化器の働きを促進し、慢性的なお腹の張り・下腹部の痛み・婦人科系(不妊症、生理痛、生理不順、PMS、貧血、更年期障害など)・泌尿器系・消化器系のトラブルを改善していきます。




施術2 - 遠隔刺鍼:自律神経を遠心路とする反射効果

機器写真

足には、三陰三陽の経絡の通り道に刺鍼することで、全身の交感神経機能を抑制し、過緊張を和らげます。
また、三陰交・陽陵泉・足三里への刺激が腰血流量を上げることが分かっています。


施術3- 標治法(顔鍼):顔面神経麻痺・三叉神経痛、美顔美容鍼灸

機器写真

顔のお悩み、顔面・三叉神経、鼻炎、目の疲れなどの症状のある方には、顔のツボへ直接アプローチいたします。

顔のツボに施術することで、皮膚・皮下組織・表情筋の血流を上げ、老廃物の排出を促し、肌の新陳代謝であるターンオーバーの乱れを改善します。
肌のくすみ、しみ、ほうれい線、目の疲れ、クマなどを目立たなくする効果にも期待ができます。

※美顔美容鍼灸のみの施術は行っておりません。お身体全体を根本から整える事で、真の健康美になっていただくお手伝いをさせて頂いております。


施術4- 標治法(対症療法):痛み等の症状に関係ある経穴に刺鍼

機器写真

症状に関係のある体の表面・皮膚の変化を、触診(指先で触れる)・望診(目で見る)で感じ取り、その状態に合わせて刺鍼を施していきます。(メカニズムM1〜M6)
うつ伏せや横向き状態で施術を行っていきます。
(喘息・偏頭痛の方には、長座位刺鍼(M5)で、交感神経機能を高める事を優先)


施術5 - 局所刺鍼:灸頭鍼・お灸・低周波鍼通電療法

機器写真

鍼の上部にもぐさを乗せお灸をします。(灸頭針)
また、低周波通電パルスを用い、背中の筋肉の緊張緩和と血液循環の改善を目的としております。


施術6 - 頚肩の調整、浅刺・呼気・座位:副交感神経機能を高める

機器写真

腰掛けた状態(座位)で首・肩を調整します。









最後に、浅刺・呼気・座位(M4)治療により、副交感神経機能を向上させ、慢性化した症状に対する施術効果を持続させます。


小児鍼について:心地のよい刺激で脳神経ストレスを解消

機器写真

子供さんに対しては痛くない小児鍼を使用して施術していきます。
体に直接は刺さない・やさしくさする・転がす・当てる鍼を使用します。

心地よい刺激で、副交感神経を機能を高めることにより、精神的なリラックス効果があり、脳ストレスの解消させ、夜泣き疳の虫(イライラ、怒りっぽい)症状を和らげます

お子様の脳神経と身体のバランスを整える事で、健康的な発育が期待できます。


- 診察時間 -- 診察時間 -

午前: 9:00〜12:30 (受付12:00)
午後:13:30〜19:00 (受付18:30)

※日曜・祝日は休診
※木曜は4時まで

漢方堂鍼灸院漢方堂鍼灸院

〒156-0043
東京都世田谷区松原2-42-5
TEL 03-3328-8917
FAX 03-3328-8917