本文へスキップ

【漢方堂鍼灸院 / 明大前介護サポートセンター】京王線・井の頭線[明大前]より徒歩2分

【お問い合わせ・お電話にて要予約】TEL.03-3328-8917

9:00〜19:00 (休診日: 日/祝日)

当院の案内clinic guide

院長プロフィール

漢方堂鍼灸院 院長 山口人士

■ 漢方堂鍼灸院 院長

■ 事業共同組合全国鍼灸マッサージ師協会理事長を歴任

■ 現NPO全国鍼灸マッサージ師協会名誉会長

■ 東洋医療臨床技術大学校アカデミーの運営部長


  院長 山口 人士


ご挨拶

おかげ様で漢方堂鍼灸院は設立45周年を迎えることが出来ました。


昭和46年に鍼灸師資格を取得し、同年東京都の世田谷区羽根木町の平屋建ての一軒屋で鍼灸院を開設してから今年で45週年を迎えます。

これもひとえに患者様の支えがあってのことと心からの感謝を申し上げます。

鍼灸院開設当初は日本が高度成長へ真っしぐらの時代で、職場でも過重労働による頚肩腕症候群、腰痛症などの職業病が多発していて、労災職業病の患者様が多数来院され多忙を極めておりました。


昭和51年 治療院も手狭になった事も有り、世田谷区の東松原商店街のはずれに漢方堂鍼灸院を移転しました。

この場所は近所に大きなバレエ団があったことも有ってバレリーナの方々、スポーツ障害の患者様が多くお見えになりました。


平成10年 世田谷区松原2丁目(「明大前駅」)に移転。
これを機にこれまでの職人気質の鍼灸治療院から集団で治療する治療院へと変化させました。

明大前は、京王線、井の頭線が交差する交通の便の良いところで、明治大学など学生の多い街です。

明大前に移転してから、世相を反映してからか、腰痛、肩こり、自律神経失調症、うつ病、アトピー、冷え症、更年期障害、脱毛症など色々な患者様が来院されます。

今後も漢方堂の基本である患者の立場に立った『どんな時も患者中心の施術』をスタッフ一同心掛ける所存ですので宜しくお願い申し上げます。



漢方堂鍼灸院の沿革

昭和46年 院長・山口人士 鍼灸師資格取得 
昭和46年4月 住宅街の東京都世田谷区の羽根木町にて鍼灸院を開業
昭和51年4月 東京都世田谷区松原の商店街に漢方堂鍼灸院を開設
平成10年 東京都世田谷区松原2丁目(明大前駅)へ移転
漢方堂のスタッフとして鍼灸師・看護師・保健師資格の児島雪江勤務
平成11年 介護支援専門院(ケアマネジャー)資格を山口・児島が取得
平成12年 介護保険事業として居宅介護支援事業所(ケアマネジャー業務)を併設し、在宅医療への取組を始める。
平成20年10月 現在、常勤・非常勤合計11名のスタッフがおり、患者様のため患者様中心の治療および在宅の訪問治療に当たっている。

院長山口は患者様の立場に立った鍼灸マッサージの保険適用運動に参加し続けている。

昭和61年 全国保険鍼灸師マッサージ師団体連合会『全国保鍼連』の設立に参加。常任理事、事務局長を歴任。 
平成14年 全国保鍼連会長に就任
平成15年 NPO全国鍼灸マッサージ協会理事長に就任
平成18年 事業協同組合 全国鍼灸マッサージ協会設立に参加 代表理事に就任
鍼灸マッサージの保険運動・東洋医学の普及活動を推進している。

スタッフ(常勤・往診鍼灸師)

漢方堂鍼灸院 院長 山口人士

児島 雪江(こじま ゆきえ)
出身地:新潟

*今後の目標*
私は近年ていねいに治療すること、すなわち技術、経験、プラス心をもって治療することを大切にしたいと思っています。

*治療や関わり方で心に残ったこと
昨年の暮れ、同じ鍼灸師さんから紹介された患者様を担当することになりました。28歳の女性です。”私がこんな治療を受けるとは思ってもみなかった。”鍼灸は歳をとった人が受けるものだと思っていたし、病院と縁のなかった自分がまさか鍼?灸?”と話してました。ガンガンに冷えた職場のクーラーの風を直接受け、極度の冷え性となり、自律神経失調症、微熱、頭痛、悪寒等の症状に悩まされ、仕事を社員から外され病と闘っています。
漢方薬と鍼灸治療を続けるうち少しずつ冷えは改善されてきますが、バリバリと仕事で勝負できる体力には至っていません。
私も悩みながら付き合っていきたいと思います。


漢方堂鍼灸院 院長 山口人士

桑島 則子(くわじま のりこ)
出身地:埼玉

*今後の目標*
多種関連業者の方々と連携をとり、患者さんにとって最適な施術をすることです。
*治療や関わり方で上手くいった症例で心に残ったこと
辛辣な言葉を糧に、時間をかけていい関係を築けたことです。

漢方堂鍼灸院 院長 山口人士 多田 美奈子(ただ みなこ)
出身地:東京

*今後の目標*
鍼灸治療の苦手な方にも気持ちいいと思われる鍼灸治療ができること。(更に結果が出ればますますいいですね。)一人でも多くの方に鍼灸治療の良さを実感してもらい、役立てていただけたらと思います。

*治療や関わり方で上手くいった症例で心に残ったこと
マッサージは好きでも鍼灸が苦手な方は多いものだなとつくづく感じ、残念に思ってます。
やはり患者さんAさんも「最初鍼は苦手だからいいわ。」という一般的な反応でしたが、マッサージやストレッチなどの施術を何回か行ううちに少しずつ信頼関係が出来てきたようなので「お腹にちょっとお灸してみませんか?嫌だったら次からやめればいいのですから。」というこちらの”いつものトーク”にさんも気軽にやってみようという感じになりました。結果、案外いいものだなと思われたようでした。「灸がこんなだったら鍼も効くのかも…。」と思われたようで、Aさん自身から「鍼をやってみようかしら」との言葉。次にはAさんの身体はもともと鍼灸が合っていたようで、「鍼灸をした後の身体全体の感覚がなんとも言えいのよね〜。」と言う程今では大ファンに。また身体の麻痺が目に見えて改善されてきており、鍼灸に出会えて喜んでいる患者さんと共に私も励みになる嬉しい体験となりました。


漢方堂鍼灸院 院長 山口人士 高居 恭子(たかい きょうこ)
出身地:岐阜

*今後の目標*
一年後も今と同じく、元気に患者さんのお宅に伺いたいですね。天気の良い日もそうでない日も頑張れるよう、自分の身体と気力を充実させなくっちゃと思います。
一日を家の中で過ごすことが多い患者さん達に、治療の時間を楽しみにして頂けるよう努力していきたいです。

*治療や関わり方で上手くいった症例で心に残ったこと
私は治療に来ているのかしら、それとも患者さんのお話を聞きに来ているのかしら?と思う位、お喋りを沢山される方がいらっしゃいます。一週間の出来事を話があっちに行ったり、こっちに行ったりしながら、泉のように止まらないのです。
そのうち私の方も聞き役からツッコミや合いの手も上手く(?)なり、2人で楽しく喋り倒しています。ご高齢で足が危なっかしいのですが、治療の後はスッキリするのでしょう。身も心も軽くなるのか治療前より少し早い足取りで玄関まで見送って下さいます。治療の効果もお喋りとの相乗効果かな?!


漢方堂鍼灸院 院長 山口人士 原沢 仁美(はらさわ ひとみ)
出身地:東京

*今後の目標*
患者さんの病状の改善を目的に的確な施術ができるようになりたい。

*やって良かったと思うこと
患者さんがダルさやシビレがあっても、少しでも良くなろうと前向きにリハビリに取り組む姿勢を見るといろんなことを学びます。
脳梗塞の後遺症の患者さんでKさんという方がいます。Kさんはグチをこぼしたりもするけど、ほんの少しのできたことを見つけて自分を褒めることがあります。その姿を見ると、私は自分を褒めることがなかなかできないので、私にできないことを実践しているんだと思い見習いたいと思います。


鍼灸師・マッサージ師・介護支援専門員スタッフが多数おります。

鍼灸師・マッサージ師 12名
介護支援専門員(ケアマネージャー) 5名


- 診察時間 -- 診察時間 -

午前: 9:00〜12:30 (受付12:00)
午後:13:30〜19:00 (受付18:30)

※日曜・祝日は休診
※木曜は4時まで

漢方堂鍼灸院漢方堂鍼灸院

〒156-0043
東京都世田谷区松原2-42-5
TEL 03-3328-8917
FAX 03-3328-8917